ここはPASS THE BATON KYOTOの様子。

IMG_6406.jpg

定年退職した父のお祝い&妹の大学卒業祝いで、三泊二日の京都旅行にいきました。

IMG_2706.jpg
お父さんとお母さんと妹と。
5人兄妹なので、あと+3人兄がいるのですが
さすがに6人分の交通費と宿泊費出すのは大変なので、この3人で。笑


兄妹が多いし、4番目なこともあって
わたしは家族旅行っていうものに行ったことがなかったんです。妹もそう。
だから、自主企画で初めての家族旅行。

京都の町並みを楽しんだり、お寺を巡ったり、ご飯を食べたり、とてもゆったりとした時間を過ごしました。


宿は念願の京町屋。妹と話し合ってきめたよ。


IMG_2687.jpg

IMG_2688.jpg
IMG_2689.jpg

IMG_6377.jpg

IMG_6389.jpg

IMG_2964.jpg

お父さんがなんだか偉そうなポーズ。笑
二階建てだし、家族しかいないので、誰にも気をつかわずにのびのびと過ごせました。
綺麗で広い京町屋。中庭を眺めているだけで心が洗われる気がします。


朝早起きして、念願のお茶屋さんに行き、日本庭園を見ながら和菓子を食べたり

IMG_2755.jpgIMG_2756.jpg

それぞれ違うデザインの和菓子を注文して味見をした^^



ちょうど京都造形大の卒展もやっていたので、一緒に見に行きました。
仲良しの後輩ちゃんたちの作品が沢山展示されていて、顔を思い浮かべながら見るのは楽しかった^^

IMG_2759.jpg

IMG_2765.jpg

IMG_2892.jpg
IMG_2788.jpg

IMG_2852.jpg

最終日は、京都動物園にいったり、早朝の清水寺にいったり、たっぷり京都を満喫しました。


知人に紹介してもらった、京都のオススメのお店でご飯をして
とても喜んでもらえたよ。
いろんな人に助けてもらってできた家族孝行。

年に1回くらい、両親をどこかに連れていきたいな。
沢山迷惑かけた分、沢山お世話になった分、これからはわたしが返す番です。
これからもたのしい思い出を沢山つくるぞ^^


大分県別府市に1ヶ月ほど帰郷しておりました。

IMG_8955.jpg

後藤家、家族そろってご飯会。今回は私の彼と、妹の彼も揃うということでみんなで一緒にご飯しました。
甥っ子たちもきて、緊張感がありながらも笑顔があふれて癒しの時間でした。
大学時代・会社員のときに帰ってきたときは、いつもお家でせかせか働いていたので、こんなにゆっくりのんびり過ごせた帰郷は初めてかもしれません。

家族と半分、彼氏と半分。たっぷり地元を楽しませていただきました。







今ではワンピースに並ぶ人気っぷりの漫画「進撃の巨人」
作家の諫山創氏は大分県日田市出身ということもあって、大分県では進撃の巨人を盛り上げようと街中に進撃の巨人のキャラクターがあふれかえっていたり。


ほら、大分駅の上にもいますよ。50m級の巨人が。

街には大分県オリジナルのコラ画像(←)だらけ。
実は(?)進撃の巨人の大ファンである私は、テンションが上がりまくりです。

IMG_8950.jpg



東京にいるときは、睡眠時間を多くとらないようにしているのですが、
実家に帰ったときは恐ろしいほど寝てた。毎日愛犬たちと一緒に昼寝していました。


20150902012212.jpg

動物そこまで得意じゃなかったのですが、飼い始めて7年目となるとさすがに慣れてきますね。


地元では少子高齢化が深刻化。母校の小学校も中学校も統合が決まり、6年間通った西小学校も無くなると聞いて最後の見納めにいきました。この日は、タイムカプセルの開封式&学校見学会。
背の低い木造の机が愛おしいです。
_MG_8831.jpg

_MG_8832.jpg

_MG_8834.jpg

大好きな校庭のアスレチックは、いつの間にかなくなっていました。

_MG_8846.jpg

父&母の記念写真。もう66歳と62歳になるんです。いつの間にかお年寄りだ←

_MG_8839.jpg

小さい子供と、親たちが集まる体育館。子供も大集合して騒いでいます。
タイムカプセル開封式は大盛り上がりでした。




カルチャーメディアで多く取り上げられていた、大分県のアートイベント「大分トイレンナーレ」
大分市内のお店や公園スペースのトイレが、アート作品に大変身!妹と一緒に見てまわりました。

IMG_8866.jpg

天井を見上げれば、おもちゃのシャンデリア?

どこまでも続く両面鏡とペイント。

20150902012921.jpg

ラブホテルのような外観と、華やかすぎるトイレの内装。

_MG_8853.jpg

おしゃれなものから、コンテンポラリーアートまで、表現も幅広く
参加作家もいろんな人がいて面白かったです。

夕飯に行列のできる牛タンを食べて、記念にプリクラを撮ったのでした。
妹がスーツなので、少し浮いていますが。



やっぱり最新のプリクラは目が大きくなるなあ。笑
別にかわいく写ることが目的じゃないので、普通に写るプリクラがほしいです。誰だよ。



大分県滞在4日目から、四国旅行していた相方ちゃんと合流。
地元で人気のカフェでランチしました。このボリュームとクオリティの高さで1200円。しあわせ満腹です。

20150902012635.jpg

ふたりとも進撃の巨人ファンなので、大分県立美術館OPAMで行われていた進撃の巨人展は一緒に観に行きました。

20150902012422.jpg

このTシャツめっちゃほしかったのに、非売品だった。嘘だろ。

20150902012557.jpg




今年になって初の海付近へ←

20150902012002.jpg

大地を感じています。






地元の水族館「うみたまご」にリニューアルしてから初めて行きました。

_MG_8873.jpg

_MG_8878.jpg

IMG_8901.jpg

クラシックを聞きながらくつろげる大人な空間。お気に入り。美味しいお酒が飲みたくなる。

IMG_8884.jpg

_MG_8895.jpg

IMG_8906.jpg

IMG_8908.jpg

華やかで美しい水族館は全国にたくさんあると思うのですが、
動物や魚とのコミュニケーションが楽しめるといった点では、ピカイチの水族館だと思います。

イルカやペンギンに触れて遊べるんですよ。

_MG_8892.jpg

_MG_8889.jpg

きゃわわわわ…

20150902012030.jpg

おとなしく眠るペリカンさんたち。写真を撮った瞬間に叫ばれて完璧トラウマ。

20150902013341.jpg

ど迫力

IMG_8943.jpg

名前のついた可愛いペンギンたち。親分はどれか一生懸命探しました。




相方ちゃんが滞在している間は、地元の旅館に宿泊。
別府に住んでいることもあり、別府の旅館に泊まったことはなかったので、観光客気分が味わえてたのしかったー


20150902012320.jpg
別府タワーを眺めることのできる屋上の露天風呂が最高でした。



そしてこちらは別府の芸術祭「混浴温泉世界2015」
わくわく混浴デパートメントという企画は、デパートのワンフロアが
アート作品で埋め尽くされていて斬新な世界観に。

IMG_8947.jpg

IMG_8949.jpg

IMG_8946.jpg

自由すぎた。笑
関西でお世話になった作家さんが沢山参加していて、なんだか懐かしい気持ちに。



たくさん寝て、温泉に入って、家族や恋人と過ごせて、いっぱい遊んだ1週間。最高でした。

IMG_8958.jpg

働くときは精一杯働いて、休むときはがっつり休めてありがたすぎる環境です。
ただ、もっとリズムの良い生活ができるように、健康な状態で働けるように、
クオリティの高いアウトプットをして、単価を上げて、働きすぎなくてもがっつり稼げるような環境をつくっていきたいです。

社会人1年目まで、仕事(活動)が優先順位が1番だった私ですが、フリーランスとして働くと決めたタイミングで、1に両親(家族)2に恋人・友人、3に仕事となりました。だからといって、仕事も全力で頑張っているのだけど、なにより両親の気持ちを考えて、親孝行して、今は可能なかぎり思い出をつくりたいと思うのです。

来年までに、ディズニーランドに行ったことのない両親をつれていくのも目標です。
年収1000万フリーランスになるのも目標です。


発散した分、帰って稼ぎます。今日も頑張るのです。






 

今年も街中で、沢山の桜の花が咲きました。



春が近づくと思い出すのは、花が公園で溢れるように咲く風景と、自分自身の誕生日のこと。


子供の頃からこの季節になると、春(誕生日)が楽しみで仕方ありませんでした。
そんな今年も、3月に入ったころからわくわくが止まらず、
変化の多い1年にしたい今年は、誕生日にはちょっとしたイベントがしたいな、と考えていました。


最近だと、誕生日にはFacebookで「◎◎歳になりました!」
という投稿を多く見かけます。
それに加えて、Amazonの「欲しい物リスト」のURLをつけて
「わたしの欲しいものはこれです!誕生日プレゼントにくださいっ」という投稿を
見ることが増えてきました。

界隈だと当たり前の文化になりつつありますが、
正直、個人的にはまだ違和感があって
(もらった人みんなに、プレゼント返すならいいのかもしれないけどその姿勢がないなら図々しいかな、とか)
もっと気持ちの良い誕生日はないかな〜と、考えていたんです。


そんなときに思い出したのが、3〜4年前に友人がやっていたプロジェクトでした。

それは、自分自身の誕生日に
日頃の感謝の気持ちを込めて、誕生日の人が
まわりの人たちにプレゼントを配るというものでした。

インドでは、誕生日の人が感謝の意を込めて、
まわりの人たちにお菓子を配ったり、おもてなしをする文化があるそうで、
その文化を知った友人が、誕生日にプレゼントを配るプロジェクトを行っていました。
--------------------------------------------------------
>Vodafone インドの誕生日のCM http://matome.naver.jp/odai/2135508391340315301
--------------------------------------------------------
友人の行ったプロジェクトで、インドの文化を初めて知った私は、
凄く素敵な考え方&祝い方だと思いました。

25年間与えてもらうことが多かった自分ですが、
これからは誰かのお世話になるばかりではなく、少しずつでも人に何かを与える機会を増やしていきたいと思い、
25歳の誕生日は、まわりにいる人たちにプレゼントをくばる企画にしたいと思いました。


IMG_2475.jpg

11120061_1043120579053482_5522335340166845146_n.jpg

そこで今回行ったのは、『風船花見プロジェクト』*・゜・*:.。..。.:*・
公園で遊ぶ子どもたちに、宙に浮く風船をプレゼントしてまわるプロジェクトです。

花見シーズン、家族連れの多い公園で、はしゃぐ子どもたちに風船をくばりました。

いろいろと配るものを考えたのですが、
小さい小物だとインパクトがないし、
多くいろんな人たちに渡したいので、あまり高いものだと多く買えないので厳しい。
食べ物をだと、食べたもので子供が身体を壊したら大変だし。

数人に配っただけで、噂が広がって、子供がどんどん集まってくる状況をつくりたくて、
そう考えたときに1番華やかで、子供が喜ぶものは風船だったんです。

IMG_2490.jpg

IMG_2474.jpg


IMG_2621.jpg

IMG_2488.jpg

風船を膨らまして数を増やしていくと、自然とたくさんの子供たちが集まってきて、
全然配るのが間に合わなくて。笑  

人見知りの子たちも近寄ってはくるものの、
なかなか言い出せなくて、黙ってこっちを見て固まっているから
こっちから声をかけて風船をあげると
すごく喜んで「ありがとう」って言ってくれたり。

子どもたちの笑顔をたくさん見れて、たくさんの「ありがとう」をもらえて、幸せすぎる時間でした。


IMG_2514.jpg


IMG_2558.jpg

IMG_2496.jpg

IMG_2497.jpg

IMG_2607.jpg

IMG_2616.jpg


重いヘリウムガスを運んだり、花見の準備をしたり、
お金も思った以上にかかって地味に大変だったのですが、終わったあとはすごく達成感があった!
(そして達成感と一緒に筋肉痛がついてきましたw)


すごく楽しかったので、趣味として続けたいくらい。  


当日、こんな不思議な企画を手伝ってくれた、優しい友人たちに感謝です。

IMG_2573.jpg


IMG_2603.jpg

ゆっくり花見する時間とれなくてごめんなさい。笑
こんなに子供が集まることになるとは思っていなかった。w








付き合って4年目に突入した相方とも、夢のツーショット。

IMG_2587.jpg
いつも支えてくれてサンキューサンキュー。



実際、今回の企画をやってみての感想ですが、
気分はとても良いです。笑←
誰かから何かをもらったときの喜びとは、また全然違っていて

プレゼントをもらった喜びも、幸せだと感じますが、
何かを与える企画のほうが
気持ちが浄化され、良い区切りができて
なにかと再スタートできそうです。

25歳の1年間、フリーランスとして働きだしたこともあり、
どんどん新しいことにチャレンジしていきたいと思っています。

たとえキツく、辛いことがあっても、
笑顔を絶対に忘れないで、全力で生きたいとあらためて思いました。




素敵な誕生日プロジェクトができてよかった。来年はもっとたのしいことがしたいな。

IMG_2569.jpg

IMG_2478.jpg

いつもありがとう。これからもよろしく。




風船花見プロジェクトSpecial Thanks・゜・*:.。..。.:*・ 

Tatsuro Asakawa 
Yuta Wariishi 
Ryunosuke Nishimura 
Sayumi Hashimoto 
Taichi Hirano 
Yoshiaki Sakata 
Yukito Kondo 
Yuki Shinagwa 
Tetsuo Motai 
Hyakuichi Masaki 
Sekito Ai

 



人間とは不思議なもので、
当時心を踊らせたことも、深く傷ついたことも
時間がたつと記憶が薄れ、忘れてしまう。

忘れたほうがいいことも沢山あるのだけど、
何故自分が今の道にいるのか、今の選択をしたのか、
何かあったときに思い出せるように、人にしっかり伝えられるように
自分のためにもまとめておく。

思い出したら追記を繰り返して、
人生を端的に振り返るのです。かなり赤裸々。



【誕生〜4歳】

・1990年4月9日、大分県別府市に生まれる。
・5人兄弟。兄が伸太郎、俊輔、三四郎の3人と、妹のめぐみが1人。
・父親は市役所の公務員。母親は専業主婦。
・真っ白の2階建ての一軒家に住み。「はなこ」という名の白い犬(マルチーズ)を飼っていた。
・名前は「さくら」になる予定だったが、当時母親が通っていた教会の神様に(?)「あゆみ」と名付けられたらしい。
・大人しく人見知りすぎて、遊ぶ相手が妹しかいない。
・近所のお姉ちゃんお兄ちゃんにかわいがられていたので、同い年よりも歳の差の付き合いのほうがうまくなったのは、多分このときから。
・物心ついた時から絵と洋服が大好きで、ひたすらファッション画を描いていた。1日20枚ファッション画書き終わるまでご飯食べないと決めていて、超ストイックに制作していた。
・描きためて宝物にしていたファッション画の山を、ある日母親に勝手に捨てられていて、初めて怒った記憶がある。
・当時家族は仲が良く、よく近くの遊園地や公園にみんなで遊びにいっていた。
・当時、母親に「泣いたら、洗濯叩き棒でお尻たたくぞ!」と、脅されてたことをすごく覚えている。もちろん幼い自分がそれで泣かないわけがなくて、泣いて沢山お尻を叩かれていた。
・毎日朝6時に起きて、1時間仏壇の前でお祈りをして、聖歌を歌い、聖書を読んでいた。
・毎週日曜は、母親の通っている教会に同行し、お祈りしたり聖歌を歌ったり、キリスト教の歴史を学んだり、韓国語の勉強をしていた。
・4歳になって、カトリック教会の幼稚園に通い始めた。そこでは、教室の隅で絵を描いてるか、クラスで1番大きくて強い女の子にパシられて、「おままごと」ではいつもペットの役をやっていた。
・ピアノと英語を習いはじめる。

【5歳〜7歳】

・おばあちゃんが亡くなって、おばあちゃんの背負っていた何千万かの借金を我が家が抱えることになり、急に貧乏生活になった。
1年で幼稚園を辞めさせられて、毎日ふりかけご飯食べてた。
・とにかくヒマで、毎日座敷に寝転んで時計を見て、早く夕方にならないかと思っていた。
・6歳になって市立の幼稚園に通いはじめる。相変わらず立場は低いが、たまに遊ぶ友達はできた。
・ピアノを3年間くらいやっていたが、後から習いはじめた妹に抜かれ、ピアノの先生の嫌みがつらくて辞めた。
・小学校に入学した。相変わらず友達ができなかったが、当時小5だった兄がモテていたこともあり、兄のクラスメイト女子や先輩女子が私が妹だということを知ってから、休み時間教室に遊びにくるようになった。




【8歳〜12歳】

・小2なって、生まれてはじめて親友ができる。
・大人しく女の子らしかった雰囲気から一転し、ベリーショートヘアになって、男子とばかりつるんで遊ぶ、やんちゃな女子になる。
・学校が終わったあとは、男友達とひたすらゲームをして遊ぶ。
・当時影響を受けたマンガは「スラムダンク」と「GALS」。
・家庭の環境もマシになったことで、いろんな習い事をはじめた。習字、水泳、バスケット、陸上、絵の教室、英語。フリーの日がほとんどなかった。
・小学3年生のときに好きだった男の子にラブレターで告白して、はじめてつき合う。週2くらいで会っていたけど、2人きりで遊ぶことはほとんどなく、みんなで64とか遊戯王して遊んでた。
・小4になって、本格的におしゃれがたのしくなってきた。ピンクの服ばかりきていた。好きなブランドはメゾピアノとペンティーズ。読んでる雑誌はピチレモンとラブべリーとCANDY。晴れ時々POPTEEN。
・親友がクラス内で友達達にモテしはじめて、やきもちやいて絶交した。
・私が小学5年生のときに、母がPTA会長になって、私は生徒会副会長になった。2年間続けた。
・小学5年生の時、夏に引っ越してきた転校生に告白されて、元々つき合ってた人とは別れ、転校生とつき合う。カウントすると2人目の彼氏である。
・人生の1番のモテ期が小学5年生の時。クラス内の男子3分の1に告白されていた。小学生のくせに友人に鞄や靴をかってもらっていた悪女( ꒪⌓꒪)
・男子にモテる反面、女子友達がいなくなっていた。耳の聞こえない障害を持つ友人と遊ぶか、1〜2年生の後輩達と遊ぶか、どちらかだった。
・小学五年生の秋、両親を悲しませることをして、全力で反省する。
・それから小学校を卒業するまで、毎朝5時に起きて、教会に1時間勉強行ったあとは小学校校庭に行き、30分草刈りをしていた。

※書きたくなったり思い出したら随時更新
 

※以下、クリスマスのデートの思い出日記なため、苦手な方は観覧注意。クリスマスツリー





1ヶ月ほど前から楽しみにしていたこの3連休!

今年のクリスマスが平日ということもあって、
フライングで22、23日にクリスマスデートにいってきました。

クリスマスプレゼントは旅行!ということで、どこに行くかは内緒にされていたんですが、、、


サプライズで連れてこられた場所はここ!


どんっ



な、なにもない????とても綺麗な、金色に輝くススキが並ぶ景色。

どこ行きのバスに乗るかで大体予想がついちゃってましたが、
今回の度は、そう、 箱根旅行 でした!\\¥¥(۶•̀ᴗ•́)۶////しゅばっっっっっ

箱根の山奥にある、小さなお家のホテル。




窓をのぞけば、外は森。

一泊と朝夜食事がついていまして、この日泊まっているのはどこもカップルばかり。
小さなホテルだし、ご飯はみな同じ場所で指定された時間に食べて、その場で一緒にビンゴゲームしたりするので
どんな人達が泊まってるのかその場を見てわかる。

アットホームな空間で、クリスマスソングを聞きながらご飯。

クリスマスコースディナーには、なんとクリスマスケーキが^^

IMG_6089.jpg

IMG_6088.jpg

喜びの2ショット!(これが彼氏ではない←)


箱根と言えば温泉。。。。。
貸し切りで使える温泉が2つあって、1つは室内のジャグジー

IMG_6122.jpg

もう1つは露天風呂!!!!

もちろん貸し切り。大自然を見ながら入るお風呂は最高でした。

IMG_6124.jpg

お風呂上がり、ほてった身体でベランダに出て、空を見上げたら満点の星空。
まだ数時間しか滞在してないけれど、箱根最高!!!!って、思っちゃったよね。w

IMG_6097.jpg

お酒を飲まないと眠れない(←)僕の相方ちゃん。




1日目は、夕方に到着したこともあり、18時以降はほとんどのお店や施設が閉まってしまう箱根は
夜行動が出来ず、そのままゆっくり過ごして就寝。







次の日は8時起き。朝、太陽の光と大自然の景色が眩しい。

IMG_6127.jpg

健康的な朝ご飯を食べて、気持ちの良い目覚め。

IMG_6130.jpg

ご飯を食べて、荷造りをしたら、1日お世話になった宿泊先ともお別れ。
宿泊先の優しいおじちゃん達、ありがとうございました。この場所は忘れません。
どこか懐かしい感じがした。


そこから丸一日、箱根を巡る旅。

IMG_6142.jpg

足湯カフェがあったり(外が寒すぎたので使わなかったけどw)


移動はレトロでかわいい電車!超混んでたけど、乗るだけでテンションあがりました。




箱根には美術関係の施設が沢山あって、後藤からしたら行きたい場所が沢山。
どんな旅もアートスポットは欠かせないですね。

まず初めに行ったのは、箱根彫刻の森美術館。


そこでタイミング良く大ファンの市橋織江さんの写真展が行われていました。@本館ギャラリー

IMG_6149.jpg
透き通った青みの写真が綺麗すぎ。
市橋さんの写真は、広告として出ているものも、もちろん好きですが

こうやって自己表現で撮られているものも凄くうつくしくて世界観があって好き。



そして順番に、外の彫刻作品に触れていく。



IMG_6190.jpg

IMG_6187.jpg


IMG_6186.jpg

IMG_6185.jpg

IMG_6183.jpg

面白い作品が驚くほど沢山!
有名彫刻家の作品もそろっていたりと、立体作品好きにはたまりません。記念写真撮るのに本気になって
全部しっかり見きれなかった←

ここらへんからはデートというより、仕事モードに切り替わる。


こちらもまた豪華、彫刻の森美術館内にある『ピカソ館』
IMG_6182.jpg
思った以上に広く、この中にピカソの作品が沢山展示されてました。
陶芸作品が多く、初めて見たテキスタイルの作品があまりにも素敵で、しばらくの時間眺めてた。

ピカソの作品がこんなに集まってる場所が日本にあったんだなー 全然知らなかったよ。



彫刻の森美術館は、外にほとんど作品が展示されていて、いえば外が美術館の空間なので
自然を使った演出や、作品を見る順路にとてもこだわりを感じて、
作品がないポイントでも歩く時間を飽きさせない、とても楽しい美術館でした。

IMG_6189.jpg

IMG_6218.jpg


IMG_6219.jpg

IMG_6221.jpg

IMG_6222.jpg

とても良かった。自然が凄く素敵なので、春にくると花が咲いたりして素敵なんだろうなー

新宿からバスで2時間くらいなので、春になったらまた遊びにこようかなー ここでピクニックがしたいです。













そこから、すごくオススメされていた星の王子様ミュージアム。




星の王子様、小さい頃にお母さんに読んでもらった記憶があるけど
あまり覚えていなくて、ここで展示を見つつ内容を知っていく感じでした。

IMG_6226.jpg

IMG_6302.jpg

IMG_6234.jpg

IMG_6229.jpg

建物のつくりから、ガーデニングから、箱根はどこの施設も凄すぎて写真撮っていてもきりがない。←

星の王子さまの作家、サンテグジュペリの人生を覗き込めるような展示になっていて、
星の王子さまももちろん好きになってしまったのですが、1番に、サンテグジュペリのファンになってしまいましたよね。

サンテグジュペリとリンクした星の王子様のストーリー、ロマンチックで奥深くて、
魅了されたわたしたちは
記念に、2人1冊星の王子さまの絵本を買っちゃいました。








そして箱根旅行で最後にきたのは、ガラスの森。



ここもまた、門をくぐれば国が違うようで、
季節のお花が本当に綺麗。

IMG_6300.jpg

IMG_6299.jpg

IMG_6298.jpg

中にはガラスの作品が沢山、お店があったり、ギャラリーがあったり、

IMG_6261.jpg

IMG_6262.jpg

IMG_6264.jpg

IMG_6297.jpg

どこもかしこも輝いていた。女の子はこんな輝きに心奪われやすい(ू′o‵ ू)



ガラスの森の中にある施設。ヴェネチアン・グラス美術館。
IMG_6293.jpg

IMG_6290.jpg

IMG_6292.jpg

IMG_6270.jpg

ロココ家具、モザイク画、レースグラスなど、ヴェネチアの憧れの品がたくさん揃っていて
これまたテンションがあがるあがる。

なんてロマンチックなんだ。



IMG_6280.jpg

IMG_6282.jpg

夜になるとガラスの装飾がライトに照らされ、キラキラ光りだす。

そして1番輝いていたのが

IMG_6288.jpg

ガラスのクリスマスツリー、湖の真ん中でキラキラと輝いていました。
透けてキラキラ光る、白くて上品なツリー。

全然知らなかったですが、日本で2番目に見たいと言われている、人気なクリスマスツリーらしいです。

これが見れて大満足。



一泊二日、良いものも沢山見れて美味しいものも食べて、思い出もつくれて
すごく幸せな旅行でした。



学生のころのように沢山出かけれないけど、
いつもこうやって連れて行ってくれる彼には感謝です!

ちょっとはやめでも、ゆっくり過ごせてよかった。
フライングクリスマス。

今年もありがとうふなっしー
 

\念願の九州の旅にいってまいりました✧/


母袋、浅川、品川、山本、浅野の男子5人と一緒に九州の旅へ!
福岡→佐賀→長崎→大分…の前半まででしたが かなり楽しんだ! 


日本の旅行で初めてのる飛行機。笑

【1日目】
福岡県
12時の飛行機に乗り いざ九州、福岡空港へ!!!!







九州の中でも1番の都会、天神と博多へ行き。






なんとあの超美味しいラーメン屋、一風堂の本店へ!





そしてラーメン屋行く途中でたまたま出会ったAKBショップ!
運命を感じてラーメン早めに食べてショップへ←





それからの太宰府天満宮。













九州国立博物館




建築で有名な福岡のスタバ









半日で一気に巡ってくたくたで帰ったのは
品川さんの実家(おばあちゃん家)







ユーモアのある素敵なご家族、沢山お話してくれ、美味しい御飯も準備してくださりとても嬉しかったです。
夜遅くまで飲み会は続いていて みんなわいわい楽しそうでした。
(私は途中抜けて作業に)


おばあちゃんが睡眠とらずにいろいろ準備してくださってて申し分けなかったです。
深夜早朝、いつでも対応して動いてくださってありがとうございました。本当に良い方ばかりでした。

素敵な家族に囲まれて品川さん幸せものだな〜
今後とも品川さん大事にします←







【2日目】
福岡県→佐賀県→長崎県


佐賀県はパーキングエリアのみですが←



運転手が4人いたのでとてもスムーズ、こっちも安心して運転中は喋って騒いで
疲れたら夢の中〜^^^^







そして気付けば急に町の風景がかわり 長崎県長崎市へ。



















念願のガラスロードにメガネ橋。








中華街も大きくはないものの雰囲気だけでテンションがあがる。







長崎は最初自由行動だったんだけど、橋をわたって遠くに見つけたのは…

ん?しながわさん?w 
(せっかくの長崎でも眠ってるあなたは最強だw)









出島にいったり商店街ぶらぶらしたり
長崎市を歩き回り観光して満足。

京都の次に住みたいと思った町、





夜はグラバー園へ







ここで また皆で集合したけどみんな歩き疲れていたw

\?/











各地方で名物料理を食べていき、長崎ではおなじみの
長崎ちゃんぽんをいただきました。

あたたかさが身体にしみた〜





このあとレンタカーで事故?というかタイヤがパンクしたりして
いろいろバタバタしたしまいw いやしかし 良い思い出ですw


真夜中に長崎の展望台へ、
日本三大夜景の1つで、美しかった〜さすがでした。これで三大夜景の2カ所に行ったので
あとは箱根に行かねば〜






長崎は町のつくりが独特なので
夜景の奥行き?とかがすごく不思議。





【3日目】長崎県→大分県



夜はネカフェに泊まったのですが、綺麗なネカフェに泊まれたおかげか?思った以上によく眠れてすっきり。

タイヤがパンクしてスペアタイヤを使ったので 高速に乗れなかったりしてバタバタ。
とりあえず御飯食べに 佐世保に佐世保バーガーたべにいってきて、



佐世保バーガーの有名店、芸能人も結構来ていて
私の大好きな大島優子もビックマンのバーガー食べてた(ブログにのってたのだ)





朝には贅沢な あつあつでジューシーなベーコン、美味しすぎました。






そしてタイヤ交換して高速にのって3時間。
無事大分県別府市に到着し、

両親からのプレゼントで 亀の井ホテルの宿泊と朝食。
(ただし私は家があるので5人分)

部屋は広々、温泉も極楽でした。




夜まで別府の町をうろうろして









晩ご飯は後藤家で、
ビールが沢山用意されてて、どんどん出てくるお酒w

お父さんと品川さんがよく喋るんだなw










かんじくんが 我が家のわんちゃんとすっかり仲良しに^^



お母さんの爆弾発言でしっかりいじられた彼氏様。w

お父さんの「知ったときはショックだった」発言ワロタ。
もっと普通に紹介したかったわw

みんなで夜風にあたりながらホテルまで帰りました。
両親に「いい友達に恵まれてるな〜」って言ってもらえて嬉しかったあ。親も喜んでました。


みんなでこれてよかった。ありがとう^^






【4日目】大分県(ぴーあゆ最終日)



この日ははりきってお母さんが別府を案内して
まずは別府の景色を一望できるビーコンタワーへ行き、





そして別府と言えばやはり温泉!






明礬温泉にいき、温泉卵を食べ









近くのカフェで地獄温泉蒸しプリンも食べて、しあわせのひととき〜




それからAPU(アジア太平洋大学)にお邪魔したり


そのあとお母さんと御別れして みんなで湯布院に行き、
素敵な自然とお店がならび誘惑がいっぱ…い…




邪魔である、w


邪魔なのであるw (やたらカメラの邪魔をする人達)



湯布院はギャラリーもちょこちょこあって楽しい。











お店もおしゃれ、シャガール美術館も。





またゆっくり、湯布院に泊まりにきたいな〜




そして別府に戻り 4日間 旅をともにしたみんなとお別れ。(=´;ω;`=)

4日間わいわい仲良く過ごしてたので
別れたあと異常にさびしかったですw


4年間 旅行とかまともにしてなかったけど
心底楽しいと思えました。
何しろメンバーがすごくよかった。

またどこか行きたいなーって思えました。超素敵な時間をありがとう^^






それから3日ほどは実家に滞在し


ひたすら作業したり、新しく変化していってる大分市を探検したり









すごく久々に緑丘の高校友達にも会えて
みんな変わったけど変わってなくて、あいかわらずで楽しかった〜すぐ馴染んだ。笑







大好きなあやみちゃんにも会えて満足。




そして隣のクラスだった音楽家のれいかちゃんの働くバーに行き





素敵なお店で働く あいかわらず綺麗でかっこいいれいかちゃん 
物真似とか懐かしい話とかして 超おもしろかった〜^^




みんなありがとう^^次こそ同窓会行きたいなー
また帰ってきたら連絡します、はたして誰が1番最初に結婚するかしら。笑





最終日は長男の立てたスポーツ幼稚園をお訪ねし

2歳や3歳の子供がバトンもってリレーとかしてて よく動いてて かわいいし感動。

ちょこちょこ走ってる、
 






こちらはダンスルーム、鏡張りだね。





帰りは別府港からフェリーで。

高校3年生の時にBEPPU PROJECTの取り組みで描い壁画があって懐かしかった〜
別府によく似合ってます。






あっという間の1週間、イベント開催前にして
超リフレッシュできました。いって良かった本当に。


会ってくれたみんな、一緒に行動してくれたみんな、家族。


いつもありがとう、 




わたしもっと頑張れそうだ。






あゆぴー1年ぶりに帰ってきました。 in 大分県別府市

 


神戸〜大分県に移動中の フェリーからの景色。



それからの後藤家。



実家に帰ったらすぐに広い洗面所を利用して自分で髪の毛切ってカラーもしました。
(本当は美容院に行って パーマとかかけたかったんだけどなあ)


家族に太ったと指摘される私。



後藤家のお部屋を久しぶりに見ると新鮮、普通にいろんな場所に絵を飾ってるんだけど


これは確か自分が小2(?)の時に何かの記念で私が選んで60万で購入した絵画。
光で灯された祈りの木を描かれている。






基本的に植物の作品ばかり飾ってるよね、昔から花がすきなんだよね。



実家に帰るとキュートなわがままわんちゃん2匹が
いつも迎えにきてくれます。
ヨークシャテリアのチロッキー(チロルとロッキー)





夜は毎晩、ダブルベットで妹とわんちゃん2匹と一緒に寝ました。
作業中も膝の上につねにいる わんちゃん達。














長男のしんたくんが作った、もうすぐ開園するスポーツ幼稚園もお訪ねしたり。







まだ工事中だけど、もうすぐ開園です。沢山の子供がここに集まる…とても楽しみです。



そしてしんたくんの自宅もお訪ね。





剣で戦う私のパピーと甥っ子のけんちゃん




とても穏やかで本当に性格がいい。。。かわいいなあ。


けんちゃんの見ていた3Dの機関車トーマスにはまる私。



望遠鏡を使って、マンションから見える海をのぞいています。



ユニバーサルスタジオに行った時に撮影したらしい斬新すぎる家族写真。

今回の帰郷も家族や親戚とほとんど一緒にいて ほのぼの。






今回たったひとりだけ友達に会ってきました、帰ったら絶対御飯にいくのが







愛しの愛しのつっちー

癒しの可愛さとやさしさ、ひたすら女子トークでした。笑
そして女子らしい買い物につき合ってくれてありがとうw
また沢山相談にのってくださいwww


社会人として働いているつっちーに夕飯ごちそうになってしまい…出世したら50倍で返します。笑


次はもっといろんな人集めてわいわいしたいね^^











カメラを持って別府の街をうろうろ








少し寂れた、さっぱりとした別府の道は好き。






別府プロジェクト関係のお店やギャラリーがたまらなく好き。



別府のアートグッズショップのPlatform04




作品の展示を行ったりパフォーマンスが行われたりする永久別府劇場






それから念願のBEPPU PROJECTの事務所。





BEPPU PROJECTのWEBからメールで連絡させていただいて そしたら超丁寧に山出さんが返信くださって感動、
ずうずうしいながらも事務所をお訪ねし
約3時間ほどお話と打ち合わせさせていただきました。


旅手帖Beppuという別府の魅力を紹介したフリペがあるのですが
それが本当にハイクオリティで、このフリペの大ファンでいつも発行楽しみにしていて、




今日はなんと印刷されたばかりで事務所い届いたばかりの最新号をゲットしたのです!嬉しすぎ…



事務所では別府プロジェクトの今後の動きや取り組みなども話していただき、
私の今後の活動の目標や動きも聞いていただいて
そしたら自然と話が盛り上がり、BEPPU PROJECTと京都で一緒にできる企画に関して打ち合わせが始まり、話が進んで…w


次のイベントが終ったら企画書作って送りますね!w

出会った方々と必ず企画を作ってくる、楽しくて仕方ない。私は企画屋さんです←






今年大きく盛り上がるBEPPU PROJECT、混浴温泉世界2012は
横浜トリエンナーレで話題の作品『The clock 』を作られたクリスチャンマークレーの
新作が展示されたりと超激熱なんです。

もちろんその他の作家さんも素晴らしい方ばかり。。。
これはどうにかして混浴温泉世界の開催期間 大分県に帰ってきたい。









BEPPU PROJECTの事務所をあとにして
社員の皆さんに進めていただき来たのが、街の隠れた場所にある素敵な展示スペース。


P3/BEP.lab。Bas Noordermeerの作品を見させていただきました。












別府で撮影し制作された、別府を映し出した作品があったり。
空間と映像の交わりでとても不思議で、でも落ち着く空間を作っていて
波や風の音は少し恐ろしく冷たかった。


Bas Noordermeerの目には別府がどう映ったのだろうか、







展示方法や作品も面白いけど、何より会場の空間が斬新すぎるのです。
別府もまだ知らないアートスペースが沢山あって 探検するのが本当に面白いな。









大分県から中継で(?)行ったFREEDAMのSkype会議は
京都の会場がシェアハウス「蟻の巣」だったこともあり大盛り上がり。笑









通信先の現場はこうなっていた。笑

いーなー 混ざりたかったわ。w また遊びにいきますー


プロジェクトも徐々に進み、進行スケジュールがはっきりしていて4月中には企画の公開発表きそう。
最初から楽しいですが、もっと楽しくなってきました。


ほんとみんなと組んで進めるスピード感やテンションが自分にあってます、

本気度が違う、将来の仕事の話とかしてたらテンション上がって仕方ない。
まだ夢なんだろうけど、少しづつ現実身をつけたい。















企画書制作や事務作業などはしたものの、わりとゆっくり過ごした実家生活。

こんな日々もついにあと1日となりました。






明日は何してるだろうか、

とりあえず家族とゆっくりまったり。





大分県、服が安すぎて感動、ジャケット、カーデ、リゾートワンピ、ストール…春物大量買い。








美大生brog ranking▽参加
↓ワンクリック!投票お願いします↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へ




萬福寺に4日前から宿泊し、芸術祭の準備を行い、先日無事にイベントの2日間を終える事ができました。

 


朝から番まで睡眠時間を削って事務作業をがんばるスタッフ。イベント前日は2時間しか眠れなかった。。。




イベント代表のらんこさんとの2ショット。






作家さん達も展示やワークショップの準備を行い。







↑(知ってる人は知っているハプニングwww)


スタッフもいろいろハプニングはあっても どうにか対処し、ばたばた なんとか準備を行い。




オフタイム^^







今回初参加のの後輩スタッフも第1回目から参加している先輩スタッフも
それぞれ一生懸命自分の仕事と向き合い、楽しみながらすごく頑張ってました。










芸術祭1日目は残念ながら雨に降られてしまいましたが、それでも沢山のお客さんがきてくれて感動…

今だから言いますが、1週間前から雨の予報があったときから悪いイメージしか頭に浮かばず
イベント会場に人が全然いないイメージしか頭にうかばなくて何度も病んでました←


小雨ではなく、おもいっきり降っていたのにも関わらず
遠くからお越しくださった皆さん、本当にありがとうございます。。。

2日目は見事に晴れてプログラムも予定通り進めることができ、2日あわせて1000名以上のお客様に起こしいただけました!
















精華の先輩や先生や後輩、友達も沢山来てくださり、、、まるで大学にいるような気分でした←







今回は飲食店も充実していて、パン屋やカレー屋、クレープおじさん、コーヒーショップ、豚汁や唐揚げなど様々なご飯やデザートが揃っていて充実。

私はクレープを3回食べ、タピオカもいただきました!
ラジオでもごお世話になっているクレープおじさんの社長や戸塚さん本当にありがとうございました!





萬福寺のステージも萬福寺にあった素敵な音楽ライブでいっぱい。





Mt.pajamandの音楽を聞いてほっこり、幸せな気持ちになりました。






いつもお世話になっているWHOLE9の先輩方も
また更にパワーアップしたライブペイントを見せてくださりました。





こちらは大原大次郎さんの写経ワークショップ。
わざわざ東京からお越しくださり、とても魅力的なワークショップを企画しおこなってくださいました。
参加者の方の完成品を並べてみたら、とてもかっこよかった〜



萬福寺のお寺自体が凄く魅力的で
お昼から夕方、夜にかけて雰囲気がすごく変化し、夜の萬福寺はとても美しいのです。

空間演出担当スタッフが準備した装飾達も、光を活かしたものが多く、とても綺麗でした。







法堂に光が灯り、魅力を増すメインステージ。


SUGAR×mogaの独特な世界観に魅了され、息の音さえもパフォーマンスの一部。
りえこさんのアコーディオンと歌声に気持ち奪われた。





去年も出演していただいた Amarylis&Lily trace and construction。

相変わらずショー全体の作りや、モデル、洋服などすべてのクオリティが高く ついまじまじと見てしまいました。


様々な要素を組み込んだ強烈で華やかなパフォーマンスを見せてくれたREVO。
たった20分間で書き上げるライブペイントのスピード感とインパクトに圧倒された、



ステージはライブペイントやファッションショー、音楽ライブ、和太鼓など昨年よりも中身が更に濃くなり
全体をまとめてるリサさんは凄く大変だったはず…イベント企画に関わるのが初めてだなんて信じられない^^^^;すごい頑張ってくださって こっちもパワーいただきました


すべての参加者は紹介しきれませんが2日間とも本当に素敵なプログラムが盛り沢山でした。







去年に比べて1番パワーアップしたのはアート作品の展示。
今回はお茶室や三門での展示も行い、出展作家の人数や作品数も倍増。

作品と和室との合わせの意外性が凄く魅力的だったり、場と作品がマッチしすぎて強く引きつけられるものがあったり




今回は高木正勝さんや宮永亮さんにも作品を展示していただき、三門を使ったビデオアート展示はすごく好評でした。














子供や老人の方、家族連れ、カップル…
いろんな世代の様々なジャンルの人が展示されてる作品を見て凄い感動したり、笑ったりしている姿見ました。
沢山の人が作品の周りを囲い作品を眺めたり、畳に座って作品を覗き込んだり、


自然な笑顔と感動、
こういう表情見れた時 ほんとうにやれてよかったな〜と思う。
展示リーダーの慎平さんをはじめ、のんちゃんや舞さん お疲れさまです、素晴らしかった。









読売新聞/WHOLE9のライブペイントの写真とイベント紹介を掲載してくださり
私のイベントに対するコメントも一緒に掲載していただいてますw




京都新聞/大江さんの作品とイベント紹介を掲載していただけました。


他にもグラフィックさんにお越しいただき、取材をしてもらったりイベントもじっくり見て回っていただき
とても感謝、芸術祭の記事が出来上がる事とても楽しみにしております。


そして私の通う大好きな京都精華大学の広報課さんも取材に来てくださり
精華大のブログ【seika-sekai】でも萬福寺芸術祭-EN-を紹介していただきました。
http://seika-sekai.jp/?p=12791

お忙しい中、遠いところお越しくださり本当にありがとうございました。









WEBではあまりスタッフのことを紹介していませんが(BLOGくらいかな)
イベントを終えた後にスタッフみんなで記念撮影。



こちら萬福寺芸術祭スタッフ一同。


イベントを作り上げるため、当日スタッフを含め、これだけのスタッフが関わり企画運営/制作を行いました。

素敵な場所には素敵な人達が自然と集まるもの、
ここで出会い、楽しさや大変さを共有できた大切で大好きな仲間です。

このイベントがきっかけで出会った人がほとんど、 準備の期間で仲良くなれた人が沢山。
今では叩き合ったり おちょくりあったりしてます←




昨年はステージ/今年は広報と毎年違う役割を担当し、毎年違う新鮮な経験をさせていただいてますが

去年はらんこさんに教わっていたことを 今年は後輩や新スタッフに教えて
いろいろ管理出来てなかったり、上手く教えたり説明できてなかったりすることもありましたが
最後には流れも覚えいきいきと頑張る後輩達を見てすごく幸せな気持ちになりました。



自分にとって凄く大好きな特別なイベント、
スタッフにも参加者にも楽しんで精一杯頑張ってもらいたいのです。

このイベントを通して、自分はイベントを作り上げることが好きなんだと気付かせてもらったのが去年。
同じように自分の中で、プラスの発見や気づきがあった人がいればいいな。






今回から出来たイベントTシャツ!りのちゃんが作ってくれました。
こちらのグッズも販売してましたが、思った以上に人気でびっくりしたw



今回のイベントを通して萬福寺に初めて来られたお客様も多く
お寺自体を満喫していただき、それに加え 実行委員の企画した様々なプログラムを一緒に楽しんでいただけたなら幸いです。

お寺という歴史の詰まった場で若手の作家やアーティスト、パフォーマーの様々な表現を行える
このようなイベントはまだそう多くはなく とても新鮮なものだと思うので
今後ともこのような機会や場所を大事にして継続し、また新たな要素を加え企画していきたいです。





萬福寺芸術祭関係者の皆様、遊びにきてくださった皆さん本当にありがとうございました!
応援していただいたり、協力していただいたり大変お世話になりました。



来年はどんなメンバーで何ができるかな…!
わくわくが止まらないです

もっと良く出来る、もっと良くなる。



今後とも萬福寺と、萬福寺芸術祭-EN-を宜しくお願いします。






あゆぴ






美大生brog ranking▽
参加
ワンクリック!投票お願いします↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へ





京都の中心街、四条烏丸で行った烏丸michikusaARTのイベントがすべて終了しました。







 














四条烏丸、街の中心街のオフィスビルとファッションビルで行ったアートイベントでした。



京都新聞やYhaooニュースにも掲載していただいたり、
取材に来ていただいたりと いろんなところで取り上げてもらえました。







この9日間、毎日ラクエ四条烏丸に足を運び 朝から夜遅くまでアテンドや作業を行ってました。

最初はすごく長く感じたけど 気付いたらもう終わりをむかえてた。

ハプニングもあったり 泣いたり 怒ったりもしたけど、
いろんな人に支えられ助けられ最後まで笑顔でがんばれた。


イベント期間ではもちろん知らない方も沢山遊びにきてくださり
烏丸michikusaARTの冊子を持って作品探しをしている姿を見たときは嬉しかったなあ。

この作品ってどこにあるんですか?って
フライヤーに載ってる作品を観て探し回ってくれてる人が毎日たくさんいて

コンセプトの「道草」を実際していただけて
何かにわくわくしていただけたのなら とても嬉しいです。

コンセプト/作品/ビジュアル/空間/スタッフ等
いろんな人からお褒めの言葉いただけてよかった。


遊びにきてくれた友達やSHAKE ART!の仕事関係の方、知合いの方、懐かしい人
東京や名古屋から私に会いにきてくださった方がいたりして 
応援の言葉もいただいてすごく元気をもらいました。

誰が見ていてくれてるかわからないけど
私は誰かの役に立てているなら パワーを与えることができるのであれば
まだ頑張りたい。
会いにきてくれた人、、、絶対に忘れません。




今回のイベントは
主に代表の北田さんと副代表の私で企画から考え当日の準備までおこないました。
時間が無い中も 超時間をかけて沢山動いて
いろんな会社の方にもお世話になりながら いろんな方法を考え 進めた。

この準備で大学に行けない日や出れない授業も多く
気持ちがまがりそうになったりもしたけど
まだ見えない何かを信じて とにかく目の前にあることに取り組んだ。


スタッフ内で喧嘩したりで 予定通りにいかないことも多くあったけど
北田さんと私が喧嘩することなく一緒に頑張れたから
全部乗り越えられたのだと思います。
(でもお互い、不満に思ったり怒ってた事は言いあってないけどあったとは思う。笑)



北田さんとは性格は全然違うのですが、何かが沢山似ていて、
このスピード感と勢いは凄く楽しかった。

北田さんとじゃないとここまでイベントが大きくできなかっただろうし
乗り越えられなかったんだろうな…と思います。それは本当。

はじめて会った時がニュートロンの新年会で、はじめてご飯したのがSTORYの始まる前、5月の中旬くらいかな。

私が本当はファインアートが凄い好きなんです、って話をして
いつか一緒に何かできたらいいですねーって話をしていたら
気付いたら8月に本当に一緒に企画することになってた。

先輩は口で大変だったとは言わないけど 大変だったと思います。
北田さんと企画できてよかったです
ありがとうございました。



そしてスタッフしてくれた仲間たち、自分の時間を沢山削って手伝いにきてくれて、
人が足りなくて困ってたら 「いけます」って連絡くれて助けてくれた。
健気にがんばってくれる姿を見て 私が沢山パワーもらった。後輩みてがんばれた。

誰にとっても そんな「楽しい!」って仕事ではなかったと思う。
でも嫌がらず積極的にお客さんに話しかけたりイベントの説明をしたりして
自ら たくさん経験して学んでいってくれた。ずっと笑顔で本当に凄いと思った。

今後この子達と一緒に何か企画を考えたり
ものを作れると思うとすごくわくわくします。



そして出展してくださった作家さん
時間がない中も新作を制作してくださったり 遠方からわざわざ来てくださり搬入搬出手伝ってくださったり
一緒に作家さんとアテンドに入った時は 各作家さんいろいろお話も出来て嬉しかった。
作家さんの目標や考えを話して聞くだけで
モチベーションがすごくあがった。

体調や顔色を心配してくださる方もいて凄く励まされました。
優しさを沢山ありがとうございました。



この機会をいただけたことに感謝
場所にも時間にも人にも本当に本当に感謝しています。


展示の企画をこんなにがっつりやったのは初めてで
学ぶ事は多すぎた、わからないことも出来ない事も
チャレンジして見よう見まねで吸収した。

技術的なことや規則的なことを学べたのももちろんよかったのですが


この企画を通して人の優しさや大切さに沢山気付けたことが何よりも宝です。





皆さん素敵な時間を本当にありがとうございました。


この秋、まだ1つイベントを終えたばかりです
(まだ手続きとか資料の整理とかもあるし北田さんと私はいろいろ終わってないけどねw)

SHAKE ART!も後藤あゆみも まだまだ頑張りますので
今後ともどうぞ宜しくお願いします。



遊びにきてくださった皆様 本当にありがとうございました。









美大生brog ranking▽参加
ワンクリック!投票お願いします↓

にほんブログ村 大学生日記ブログ 美大生・芸大生へ






WEBの授業の1年間かけて行なうプロジェクト
100YEN GIRLS COLLECTIONのティザーサイトオープンに向けての初の撮影を行いました。

100YEN GIRLS COLLECTIONは100均のもので洋服を作り
それをアートフォトとして納め自分たちのWEBサイトに掲載していくもの。


 


私の愛するチームメイト♥笑







メイクからヘアセットまで。
これにめっちゃ時間がかかりました。
モデルはもちろんプロで働いているリッチフィールドソフィアちゃん♥
Blogに飛んだら彼女が普段しているモデルの仕事の様子が見れます http://sophia-richfield.blogspot.com/









撮影はプロジェクトで使うcmやプロモーションMOVEの映像を撮ったり
ブログ、タンブラーに使う制作写真の撮影や
webサイトのメインに使う写真や中に使う写真、コーディネイト写真など。








今回メインカメラはせっちゃんだったので
私はCM用映像と遊びでソフィーを撮ってましたが
もうかわいくってかわいっくて
写真や映像を撮るたびに発狂←






全員で協力して演出道具の準備!!!

以下は映像のキャプチャですが、、、、










写真もいいのですが映像はもっともっとかわいいしかっこいいのです。
もうそのままyoutubeとかにあげてもいいくらい ほんとに良い。






洋服作りとか時間ない中完成させるの大変だったけど
撮影してて やっぱりこういう女の子を飾って演出もして
自分はすごく好きで楽しくて

撮影疲れたけど楽しくて仕方なかった。

課題で大好きなハイファッション系のデザインや写真や
目指して作れるなんて幸せすぎます。
チームの人も趣味があうひとばかりでMTGも楽しすぎるのです。


自分がSHAKEのことでいっぱいになってて
買い出しとか制作とかも結構任せてしまっていたり本当に申し分けないのですが、、、
ごめんなさい ありがとう。




撮影中、通った人達がソフィを見てかわいいい〜って言っていて
なんだか自分も幸せ気分。

映像も写真も 空気を作り切り替えるソフィーのプロのモデルの凄さに感動&尊敬しました。
モデルってすごい力持ってるんだなあ、、、

お昼から夜まで衣装きたままで大変なのに
元気で明るいソフィーはほんと凄かったです。





きらきらしてるわ、












最後にチームの皆さんのどや顔wwww



1年間めちゃくちゃ大変だけど楽しくなりそーうw
よろしくお願い致しまする。



課題もしっかりがんばるのだー 示しがつかないからねっ^^


お疲れさまでした/



現在第1位!!!獲得中
美大生brog ranking▽




click please♥

いつもありがとうございます





Ayupy Goto | 

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 達成感。そして今後の2人のスタートに愛を込めて。
    ayupy
  • 達成感。そして今後の2人のスタートに愛を込めて。
    えーらく
  • 黙って喋れ。
  • 月に一度の旅
  • ぼく、ドラえもん
    meg.
  • アートを支えるひとたちのことば。
    ユキ
  • もう 帰ってきちゃだめなんだ。
    KURA
  • ばたばたとまとまる
    101
  • スキップとハッピー
    なべ
  • 女子大生…と いうこと。
    しおり(@ohno13)

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM