最近「Wantedly Feed」に、月1〜2記事を書くようになりました。

 

最近書いた記事はこれ、

「踊る広報」と「作る広報」が、多様化していく広報の仕事を考える

仲良しの広報仲間、柴田菜々子ちゃん(通称:バタ子)に協力してもらって

お互いの広報の働き方について対談。

 

ふたりともフルタイムで広報の仕事をしていなくて、フリーな働き方をしているので

面白い話ができそうだと思い、ランチの合間にいろいろと聞いてみた。

 

 

広報界隈の人や、それ以外の人にも沢山読んでいただけて、いろんな反応がもらえて面白かった。笑

この記事にも書いているけど、私は一般的な広報業を極めているわけではなくかなり専門的なので、広報の話を偉そうにできる立場じゃないと思っていて、少し公開をためらっていたのですが(笑)やっていることをしっかり文章でまとめて発表することで評価してくれる人も増えて、発信するって大事だな…とあらためて思いました。たとえ自信がなくてもね。

 

 

 

 

 

さてさて、本題ですが、

本体のWantedlyは「“はたらく”を面白くするビジネス用SNS」

そして付随するサービスWantedly Feedは、簡単にいうと「企業や個人がWantedly内に持てるブログ」です。

 

なぜ最近わたしがWantedly Feedに活動(記事)を投稿するようになったかというと

 

⑴Wantedlyのオフィシャルアカウントになったから。

⑵Wantedlyはビジネス面で最強の広報ツール(活動発信のツール)だと思っているから。

 

です。

 

そもそも、Wantedlyのオフィシャルアカウントってなんだ!?と思われる方も多いかもしれないのですが

 

https://www.wantedly.com/feed/official_accounts

 

わたしが「業界をリードする人たちのアカウント」なのかは疑問ですが、

シゴトを面白くするエピソードが投稿できそうだと(?)声をかけていただけて

オフィシャルアカウントになりました。

 

オフィシャルアカウントにはこんな方々がいます。

 

 

Channel株式会社 代表の森川さん

 

株式会社スマイルズ 代表の遠山さん

 

ママタレントの小倉優子さん

 

芸人・映画監督の品川さん

 

ビジネスSNSは芸能界にも進出しはじめたのか…

わたしもなったからには連載しなければ…(キリッ

 

ちなみに、アカウント名の横に「★」がついている人がオフィシャルアカウントです。

 

 

 

そして⑵も「Wantedlyはビジネス面で最強の広報ツール(活動発信のツール)だと思っているから」の理由ですが

情報を届けるツールはTwitter、Facebook、Instagram、はてなブログ、note、Medium…と

いろいろあると思うのですが、それぞれ“情報を届けやすい層”は違うと思っていて

 

Wantedlyが好きで使っている人は

「シゴトが好き」「面白い働き方に興味がある」「いろんな会社が見たい」「面白いサービスが知りたい」

といったように、基本的にビジネスに意欲的な人が集まるプラットフォームだと思っている。

(あとは、採用ツールとして使っている人事が集まっているよね)

 

ただ沢山の人に情報を届けたいのであれば他のツールのほうがいいのかもしれない。

でもわたしは、そこはターゲットを絞って、シゴトが好きな人や

ビジネスに本気でぶつかっている人に情報を届けたいと思っている。

 

オフィシャルアカウントにしていただけたおかげもあるかもしれないけど

Wantedly Feedに投稿したら、Facebookなどで繋がっている友人はもちろん

友人の友人、Wantedly登録者にメルマガで更新情報が届き、プッシュ通知で記事をおすすめしていただけて

1番反響があった記事は約8000PV。

 

Wantedlyを活用しているような人たちに見てもらえたのなら

とても良い数字だと思っている。

 

「Wantedly Feed」は、仕事の話、企業の情報が集まる場所だから

わたしの仕事や活動も届けたいし、

わたしの身の回りにいる素敵なビジネスパーソンも紹介していきたいと思っています。

 

仕事がおろそかにならない程度に更新する(笑)。

 

 

 

 

 

友達に勝てないなら、違う分野で勝てばいい。

美大出身、後藤あゆみ流「夢を叶える方法」

 

 

朝日新聞社さんの学生・若者を対象とするメディア「マグロ部」に

インタビュー記事を掲載いただきました:)

インタビューのテーマは「夢を叶える方法」

 

まだ美術館をつくる夢も、現代アーティストとして活躍する夢も、

経営者として活躍する夢も叶えていない私ですが、

必要だと思う仕事「クリエイター支援」という仕事自信の手で築いてきたことを評価いただき、美大生の代表として取材いただきました。

 

「今、好きなこと"を、将来の仕事にできると思いますか?」

編集者さんのおかげでとてもメッセージ性のある素敵なインタビュー記事になりましたので、ぜひクリエイター職志望の学生さんには読んでいただけるとうれしいです。

 

 

以下、記事から引用。

 

みなさんは普段、何をしている時が一番楽しいと感じますか?ゲームをしているとき?あるいは、絵を描いているとき?好きな部活に熱中している時?多くはないと思いますけど、勉強をしている時?

 

では、ちょっと質問を変えてみます。

"今、好きなこと"を、将来の仕事にできると思いますか?自分が熱中できるもので食べていける自信はありますか?

 

自信を持って首を縦に振れた人、心の中で強くうなずけた人、決して多くないと思います。一度、自分の周りを見回してみてください。きっと、生き生きと仕事をしている大人が少ないからだと思います。そう、 "好き"を仕事に出来る人は、ごくわずか。

 

プロ野球選手になりたいと思って甲子園に出場したとしても、プロとして野球が出来る人は一握りなのです。

 

「ちょっとプロ野球の話だと極端じゃ?」と思うかもしれませんが、実は美術大学に通う生徒もそうなのです。好きな分野を学びに行ったはずの美大生は、卒業後、就職できないことが多いのが現状です。実際に、その就職率は47%。一般的な総合大が平均90%以上と考えると、約半分です。

 

ただ、そんな厳しい状況の中、クリエイティブという好きなことを仕事にしている人も、もちろんいます。今回お話を伺った後藤あゆみさんもその1人。美大出身の後藤さんは、現在クリエイターの支援という新しい分野で活躍をしています。

 

就職率47%という環境の中から、後藤さんはどのように仕事に出会ったのでしょうか?そもそも、クリエイティブな仕事をしながら、クリエイターの支援をするということはどういうことなのでしょうか?

 

後藤あゆみ流、好きな仕事で生きていく方法、夢を叶える方法、スタートです。

 

 

 

 



URL:http://tokiwa-so.net/forum/


7/9(土)NEWVERYさんが主催する、トキワ荘プロジェクト10周年記念フォーラム「クリエイター支援の課題と可能性」に登壇します。
ひさしぶりの登壇です。ビッグゲストとご一緒することになり、とても緊張しています。





約60分間一緒にお話するのは、株式会社コルク 代表取締役社長の佐渡島さん、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 主席研究員の太下さん。セッションテーマは、「クリエイターの創作力向上のための支援」を予定しています。




▶そもそも「トキワ荘プロジェクト」とは何か?




漫画家志望の方、漫画好きの方であれば知っている人が多いのではないでしょうか。トキワ荘プロジェクトは、若手漫画家に特化したクリエイター支援団体です。 2006年に活動を開始し、一人でも多くの将来性あるプロ漫画家を輩出するために「低家賃住居の提供」「講習会の開催」「イベントの開催」「漫画を仕事にするための書籍を出版」などの取り組みを行っています。
その「トキワ荘プロジェクト」が、今年で10周年を迎えたため今回のようなフォーラムを開催することとなったのです。

詳しくはこちら:http://tokiwa-so.net/about/


▶開催の主旨

下記引用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本の将来にとって、クリエイティブ産業の中心を担う人材育成は大変重要です。
しかしながら、日本国内では少子高齢化に伴う市場の縮小が進むなか、若いクリエイターが成長しづらい環境になっています。
クリエイターにとっていま何が必要なのか?クリエイター支援という視点で一体どのような取り組みが可能なのか?
本フォーラムではクリエイティブ産業に関わる産・学・官からの業界第一人者らとともに、
マスカルチャー・ハイカルチャー横断型のクリエイター支援プラットフォーム構築を目指しつつ、
これからのクリエイティブ産業の中心を担う若手クリエイターがより成長・活躍できる未来を構想します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の話を聞かなくても(←)クリエイターの方や、クリエイター支援事業に興味のある方にとって、今後の活動の力になる内容が詰まっているフォーラムになると思いますので、ぜひお越しいただけると嬉しいです!
定員200名とのことですので、ぜひお早めにお申し込みください〜^^

http://tokiwa-so.net/forum/

 

先日、Goodpatchさんのオフィスにて『はたらくデザイン #1 - デザインカンパニーで働くデザイナー編』を開催しました。

_32A1008.jpg

今回「はたらくビビビット」が初めて主催するイベントということもあり、開催1週間ほど前から少し緊張していましたが(すぐ緊張するんですw笑)運営メンバーに恵まれたこともあり、楽しく進行することができました。

当日はいつも通り、ツイッターでリアルタイム実況〜   参加者や登壇者の方々も、イベントの様子をつぶやいてくれていました。    
当日はGoodpatch広報のはこさんと私で、司会&モデレーターをつとめました^^

_32A0850.jpg

_32A0867.jpg

当日参加してくれたデザイナー志望の学生さん34名、話を聞きながら真剣にメモをとっていました。

_32A0859.jpg

Goodpatchの方々も後ろで見守ってくださってましたよ。  
当日偶然オフィスを通りかかった(←)土屋代表と、CTOの平井さんからもお話いただけたりと
気づけばとても豪華なイベントとなっていました。w

_32A0865.jpg


講演タイム、前職時代から知り合いのすみれちゃんが
UI/UXデザイナー兼マネージャーとして、Goodpatchでとても活躍されていて感動。
さらに素敵な女性になっていました。同世代で尊敬する人の一人です。

講演テーマは「UIデザインのお仕事」

_32A0880.jpg

当日講演に使用したスライドもアップいただいています^^





その後は、Goodpatchではたらく女性デザイナー4名でディスカッション。

・学生時代はどのような活動をしていましたか。
・なぜUIデザイナーになったのですか。
・お仕事失敗談を教えてください。
・今のお仕事のやりがいを教えてください。

上記のような質問に対してそれぞれ回答いただきました。

_32A0894.jpg

_32A0903.jpg

質疑応答タイムでは学生からの質問が沢山集まりました。デザイナーのみなさん大人気。笑


そして最後のコンテンツ、ポートフォリオ講座。
Goodpatchのデザイナーさんのポートフォリオを見せていただきながら解説したり、ポートフォリオ制作のコツをお話したりました。

_32A0955.jpg





最後のコンテンツ、交流会は大盛り上がり。学生同士が仲良くなったり、Goodpatchのデザイナーさんにポートフォリオを見せる学生がいたり、イベント終了時間になっても、帰ることなく交友を深めている学生が沢山いました。

_32A1005.jpg

_32A1033.jpg

_32A0981.jpg

     
ツイッターでも嬉しい感想がたくさん寄せられました^^!

個人的にいろいろと反省点はありましたが(特にトーク面)学生のみなさんから
喜びの声をいっぱいもらえたのでよかったー!ちょっと安心しました。
今後もさまざまな業界の企業さんとコラボして、イベントを展開していきたいと考えているので
学生向けのデザインイベントを開催したいと思っている企業さんは、ぜひお声がけください。

Goodpatchさん、参加者のみなさん、お力添えくださったみなさん、本当にありがとうございましたー!
 

「デザイナー(アートディレクター・クリエイティブディレクター)」しか参加できない(!?)イベントを開催しちゃいます!



デザイナーとベンチャー企業を繋ぐ、デザインのお仕事マッチングイベント
「faces designer #001 - Fashion & Fab -」
を、6/9(木)に初開催します:)
http://facesdesign.connpass.com/event/32088/

主催は、ツクループラス、トーマツベンチャーサポート、グローバルブレイン。
このメンバーでクリエイティブイベントを開催するのは少し斬新ですねw

そもそも「face designer」とは

faces -designer-は、魅力的な仕事を探しているデザイナーと、デザイナーを探しているベンチャー企業のマッチングイベントです。

デザイナーの皆さんはベンチャー企業にどのようなイメージを持っていますか?
「ベンチャー企業のことをよく知らない」「なんとなく興味はあるけど調べ方がわからない」「デザイナーの働き方がわからない」など、様々な意見があるかもしれません。
ですが実は、デザイナーと一緒に仕事をしたいベンチャー企業はたくさんあるんです!なのに、ほとんどの企業が自社に合ったデザイナーと出会えずにいます。

faces -designer-ではデザイナーと出会いたい、"イケてる"ベンチャー企業の社長またはデザイン責任者が登壇します。
彼らが語るのは、自社サービスの話やデザイナーに任せたい仕事(webのデザインをしてほしい、プロダクトデザインをやってほしい、UIUXに詳しくなってほしいetc...)まで。 ベンチャー企業に興味のあるデザイナーは是非、faces -designer-にお越しいただき、ベンチャー企業の仕事や働き方を知っていただければと思います。



今回のfaces -designer-はFashion&Fab 特集

今回のfaces -designer- は"Fashion&Fab"特集です!
ファッション関連の素敵なベンチャー企業が登壇します。

こんな人におすすめ!

・副業でできる仕事を探しているデザイナー
・魅力的な仕事を知りたいデザイナー
・新しいこと/最先端なものが好きなデザイナー
・とにかく作ることが大好きなデザイナー
・インターネットが好きなデザイナー

faces -designer- #001 開催概要 

日時:06月09日(水) 19:00-21:00
会場:Global Brain社オフィス(東京都渋谷区桜丘町10番11号)
参加費:1000円
当日の持ち物:ポートフォリオ(お持ちの方)/作品(携帯/パソコン画面で見せるのもOK)/名刺


登壇者:会社名 / サービス名 / 登壇者
株式会社ペロリ / MERY/ デザイナー 山本麻友美
株式会社カブク / kabuku/ 未定
株式会社ラブグラフ / Lovegraph/ 取締役CCO 村田あつみ
株式会社ライフスタイルデザイン / LaFabric / 未定


今回イベント会場となる、Global Brain社オフィスはこのような感じです。




スタイリッシュでとっても素敵なオフィスなんですよ^^

参加条件

冒頭でも少し書きましたが、今回のイベントは「デザイナー」と企業のマッチングイベントです。
デザイナー
 / アートディレクター / クリエイティブディレクター の方のみご参加いただけます。
(webデザイナー / グラフィックデザイナー / プロダクトデザイナー / エディトリアルデザイナー / UIデザイナー等)


興味のあるクリエイターさんは、ぜひお気軽にご参加ください〜^^

http://facesdesign.connpass.com/event/32088/

あと、なんでこんなイベントをはじめたのかという理由やきっかけを
ゆる〜く「ChatCast」でお話したよ。


https://chatca.st/user/jumpei__notomi/episode/1602

詳しく情報が知りたい方はこちらも要チェックです!


最近デザインイベントを2週間に1回の頻度で開催していて、完全にデザインイベント屋さんになっていますが。笑
今回も良い出会いがあるといいな〜^^
 


Ayupy Goto | 

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 達成感。そして今後の2人のスタートに愛を込めて。
    ayupy
  • 達成感。そして今後の2人のスタートに愛を込めて。
    えーらく
  • 黙って喋れ。
  • 月に一度の旅
  • ぼく、ドラえもん
    meg.
  • アートを支えるひとたちのことば。
    ユキ
  • もう 帰ってきちゃだめなんだ。
    KURA
  • ばたばたとまとまる
    101
  • スキップとハッピー
    なべ
  • 女子大生…と いうこと。
    しおり(@ohno13)

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM